写経写経

  • HOME
  • >
  • 写経手本,写経用紙,写経セット

スポンサードサイト

 

 写経の道具

 
 写経に特にこれといった道具が必須ということはないのですが、心を落ち着けるには墨に挑戦するものいいかも知れません。これは基本的に文房四宝(硯・墨・筆・紙)が必要です。また、写経の手本や、最初は解説本などもあった方が良いかもしれません。


 写経セット

 
 写経を初めて始める方には、写経セットがおすすめです。
 

罫線が入った写経用紙と筆ペンです。
写経用紙が7枚、お手本が1枚、筆ペンが1本入っています。540円。


墨運堂 なぞり書き般若心経 29385 筆ペン解説書付セット

 
なぞり書き写経用紙は文字が大きく初めての人にはぴったり。筆ペン、解説書付きで1080円


 
呉竹 写経具セット紫

 
やっぱり硯で墨を擦りたい。
 
写経に必要な道具一式をセットにしました。お手本、写経のしおりつきで初心者の方も安心してお使いいただけます。淡い紫色の化粧箱入りで贈り物としても最適です。*内容品*写経筆1本・写経用筆ぺん1本・墨1丁・硯1面・写経用紙10枚・お手本1枚・線入りの下敷き1枚・写経のしおり1冊。2,265円


 
写経セット1b 【国産硯 三五度天然硯】コンパクトにまとめて携帯用(硯箱付)

小型ながら使いやすい!持ち歩くのに便利! 
【 筆 】 魁盛堂製 泉 
【 墨 】 

伝統工芸士 伊藤亀堂作
鈴鹿墨 高級「神品1丁型」 
【 硯 】 三五度 天然硯 
【 文鎮 】 2本組そろばん文鎮 
【 筆置 】 信楽焼 3本用 
【 水差 】 青磁 小 
【 写経用紙 】 般若心経手本付 楮紙 20枚 
【 下敷 】 写経用毛せん 30×50cm 厚さ2mm(厚手) 
【 硯箱 】 写経用硯箱 ローズ色 携帯用 
(内寸 79×242×14mm) 

  写経手本 

 
 硯や墨、筆はあるので、「写経の手本」や「なぞり書きの写経用紙」が欲しいという方はこちら。


 
 
般若心経 写経用紙 50枚包み 手本付き
 

手本の上に用紙を重ねてすかして写経をします。
 
般若心経 写経用紙です。 たくさんお書きになる方、また以前お求めになって手本をすでにお持ちの方に。 お得な50枚包みです。 色は、未晒(きなり)で楮紙系の和紙なので、 にじみは極小、書きやすいです。 
 


 
[新]写経用紙 般若心経

 
上からなぞるだけで写経ができる「なぞり書き用」用紙が5枚、罫線入りの「写し書き用」用紙が15枚、「お手本」が1枚、一袋に入っています。なぞり書き用に表示するお手本の文字を、裏面から印刷しているので、ご自分の字をよりはっきり確認することができます。864円


  筆 

 セットで一式買うなら


書道バッグの中に、セラミック硯、墨液、太筆、細筆、筆巻、文鎮、下敷きが入ったセットです。筆は熊野筆です。書道用具一式が入っていますので、届いたその日から書道を楽しんでいただけます。(※書道せっとですので、写経用の用紙、手本は入っていません)




墨運堂 細筆 写経筆 茶軸



写経に適した細く書ける筆。『墨運堂 細筆 写経筆 茶』は、写経のすみずみまで知りつくした墨運堂が写経用に特別に開発した筆です。写経の文字が書きやすくなるような工夫がほどこされているので、これから写経をはじめる方でもすぐに慣れることができるでしょう。864円。




呉竹 くれ竹写経用筆ぺん毛筆かぶら 90号

筆ペンでちょっと楽をするなら。
 

  写経に関係する本

 寂聴 写経の力

理屈は抜きにして素直な心でまかせきって写経をすれば、心が穏やかに静まります。煩悩の日がいつの間にかなだめられ、静かで穏やかな心がかえってきます。そこに正しい智慧が湧き、自分の進むべき道をさし示してくれるのです。


1日1行で心が整う、字が上手になる 書き込み式 般若心経写経帳

Amazonレヴュー評価が非常に高い!!
本書は、ただ単にお手本と筆順だけで書家が監修した本とは違い、書家が著者です。ですから、しっかり、きちんと書の基本から指導を行います。写経で心を落ち着けるとともに、書も上達できるように工夫しています。 例えば、一般的な写経本は、お手本を右、練習を左ページに配置していますが、本書ではあえて右に書き込みページを配置。これだけで格段に練習しやすくなります。さらにA4サイズの大判なので、見やすさ、書きやすさが抜群です! 
練習は1日1行が基本。忙しい人でも、これなら無理なく進められます。基本は筆ですが、どんな筆記具で練習することができます。また、一般生活に応用できる書の書き方(手紙、ご祝儀袋、為書など)も掲載していますので、実用的です。
著者の書家鈴木曉昇氏は、NHKの大河ドラマなどで書を指導する人気書家です。また、解説には般若心経関連の著作が多い名取芳彦住職が担当し、厚みを加えています。